日本障がい者スポーツ協会 髙橋様より御講話を賜りました!

10月28日 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 常務理事 髙橋様、企画情報部 藤沢様にお越し頂き、パラスポーツについての御講話を賜りました。

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a2
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 常務理事 髙橋様

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a1
「パラアスリートは『かわいそうな人』ではありません。『ものすごい人』なのです。」(髙橋様)

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a3
パラスポーツの更なる発展について、熱のこもった講話をされる髙橋様

おおよそ90分、大変に熱のこもった力強い御講話を賜りました。涙をこらえながらパラアスリートのひたむきな努力で障害を乗り越え前に進んでいくという心温まる講話は、当社社員も涙を浮かべながら拝聴させて頂きました。
パラスポーツをもっともっと盛り上げてほしい、チケットを買うだけではなく会場に来て欲しい、会場で選手の迫力ある素晴らしいプレーを一人でも多くの方に見てもらいたい、と強く強くお話をされていました。
当社もパラスポーツの発展に向け、何ができるのか一人一人が考える大変有意義な時間となりました。

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(Japanese Para-Sports Association)
http://www.jsad.or.jp/

2016/11/21 更新